Logo

TITLE.

器あそび with おやつ / よしざわ窯

  • CATEGORY.
  • DATE.
    2018.02.26
  • KEYWORDS.
    食器 , 手仕事 , 食を楽しむ

陶芸の町栃木県の益子で工房を構え、ネット販売で人気を集めている『よしざわ窯』さんから、おやつの甘いひとときを器を使って密やかに楽しむ遊び方を教えてもらいました。

器が好き。器を使うことが好き。
特に平日の昼間、一人のお茶の時間は、あれこれ器使いを楽しめる絶好のチャンス♪
「このお菓子を食べるときには、この器を使いたいな」
「あのお店のお菓子を食べるなら、この器だな」などなど。
お店のイメージや、お菓子の色・雰囲気bodyに合わせて器を選んでみたりするのは楽しいもの。
 

例えば、魅力的なお味が色々ある手づくりドーナツ屋さんに出かけて、かわいいドーナツを買って帰ったときには、ぴったりの大きさの、色々な形、色々な色の器にのせて並べてみます。
「この子(ドーナツ)には、このお皿が似合うな~」なんて考えるときは とても幸せです。
 

「白」を基調としたシンプルな大人のセンスあふれるお店で買ったケーキは、シンプルな白い丸いお皿に。潔いくらいのシンプルさに、自分も大人のセンスあふれる女性になった気分でいただきます。
 

甘酸っぱいところがクセになるレモンタルトを食べるときには、ピンクのお皿にリンゴ模様のクロスをひいて、思いっきり「あまあまコーデ」で。
乙女ちっくな、かわいいものと一緒に過ごす時間が女子には必要です。
 

食べたいものがたくさんあって、ついつい色々買ってしまったときには、細長いお皿に3点盛りにして一度に全部楽しむ!
この3点盛りはおやつだけじゃなく、おつまみにも応用できるのでぜひお試しを!
 

そして、勝手なイメージですが、「お姫様のおやつ」な雰囲気があるメレンゲ菓子は白くて繊細な模様の入ったレースをイメージした器に。
ひとつずつ上品に、優雅にお姫様気分で色々な妄想を楽しみながら現実逃避する
たまにはそんな日がたまにあってもいいのでは。

日常生活の中に、ほんの小さな楽しみがある。それはきっと、とても大切なことなんだと思うんです。
おやつを食べる器を、自分なりのストーリーやイメージで選んでみる。
そんな密かな器を使った遊びを、ぜひ楽しんでみてください。
 

●PROFILE:よしざわ窯

栃木県益子町で製陶業を営む。
It's the best to leave the dishes on the table.
~器は使ってこそ生きるもの~という思いで、2002年にスタート。主に、生活陶器「on the table」というネットショップで製作した器を販売しています。私たちの作る器と楽しい日々を過ごしていただけたら嬉しいです。