Logo

KEYWORDS

...MORE

CLOSE

TITLE.

こだわりの素材感とデザインで、子育てもしやすい快適な空間へリノベーション

お子様が生まれたことをきっかけに新居を探しはじめたK様ご一家。ふたりが一目惚れしたCALIFORNIA PROJECTの『BEACH STYLE』をベースに、北欧テイストが好きな奥様の要望も取り入れながら、築30年以上の実家マンションをリノベーション。おしゃれで、子育てもしやすい、居心地のいい空間で家族水いらずの時間を楽しんでいます。

Q.リノベーションしようと思ったきっかけは?

長女が生まれてから、夫婦で「子育ての環境を整えたいね」と話しているうちに、自然と新しい家をつくることを考えるようになりました。リノベーションしたこのマンションはもともと主人の実家だったんですが、しばらく空き部屋になっていて。将来子どもが大きくなって学校に通うことを考えたときに、以前住んでいた賃貸のマンションより、今のこの家の方が学校に近かったんですよね。それに主人が将来転勤する可能性もあるので、新築の一戸建てを買うと手放さないといけなくなったときもったいないなとも思い、このマンションでのリノベーションを検討するようになりました。

Q.『RE住むリノベーション』に決めた理由を教えてください

インターネットなどでいくつかリノベーションの会社を調べていたんですが、その中でも『RE住むリノベーション』は、ホームページがおしゃれでわかりやすかったんです。写真も多くて、リノベーション後のイメージも湧きやすかったですし、いろんなテイストのプランがあって、自分たちの好きなデザインが実現できそうと思ったんですよね。いくつかプランを見ていた中で惹かれたのが、CALIFORNIA PROJECTの『BEACH STYLE』。無垢材の床や、ヘリンボーン貼りの壁が印象的でした。主人に見せたところ、元々本人も学生時代ヨットに乗っていて海が好きだったこともあり、大賛成。そのまま『RE住むリノベーション』にお願いすることに決めました。

Q.こだわった点を教えてください

せっかくリノベーションするなら、自分たちが好きだと思えるデザインにしたかったんですよね。ベースにしたのはもちろんホームページを見て一目で気に入ったCALIFORNIA PROJECTの『BEACH STYLE』。ふたりとも憧れていたヘリンボーン貼りの壁と無垢材の床は、やっぱり絶対はずせなかったので。無垢材の床は、裸足で歩いても気持ちいいし、冬も寒くならないので、取り入れて本当によかったなあと思いますね。あとは、私が北欧テイスト好きなので、その雰囲気もどこかに取り入れたくて、洗面所やトイレの壁の色を水色で統一しました。

BEFORE

AFTER

その他でこだわったのは、リビングの壁を取って、キッチンからひとつの空間でつながるようにしたところ。子どもがのびのびと遊べるように、限られたスペースであっても最大限広く使いたかったんです。子どもも広々と部屋を使って遊べているので満足そうですね。

BEFORE

AFTER

Q.『RE住むリノベーション』を利用した感想を教えてください

設計の担当者さんが私と同じくらいの子どもを持つ女性だったので、子育てのしやすい空間づくりについて、いろいろとアドバイスをくれたのが心強かったですね。また、私たちの細かい要望にも丁寧に相談に乗ってくれて。たとえばキッチン裏のカウンター。「収納機能がほしい」と相談したら、カウンターに内蔵される開閉式の収納棚を提案してくれて。さらに「好きな物も飾りたいんです」という希望を伝えたら、飾った小物が映えるように、背面をブルーにした飾り棚も追加で入れてくれたんです。 それと、賃貸マンションで暮らしていたとき、「自分たちのものではないのに毎月お金を払うのも少しもったいないなあ」と思っていて。新築マンションだとデザインも限定されてしまうし、お金も結構かかってしまう;でも、リノベーションならコストを考えながら進められるので金額も抑えられて、そして何よりもライフスタイルに沿った理想の空間をつくることができたことがよかったですね。リビングで遊んでいる子どもと会話しながら料理ができたり、家族3人がくつろげる広々としたスペースがあったりこの家で日々暮らしていると居心地がいいですし、愛着も深まっていきます。私も、主人も、子どもも大満足の家になりました。

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

※「BEACH STYLE」をベースに施工条件などによって仕様を変更したオリジナルデザインです。